Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://skt55.blog136.fc2.com/tb.php/46-5f82d10c

トラックバック

コメント

[C32] No title

そういう事結構ありますよね...私はクリエーターですが...
私も私の上に代理店が入っている時が結構あるんです(いわゆる下請けです)
その時は、あくまでも代理店の一スタッフ何だという気持で仕事をやっていますが、たまにクライアントさんのほうから、「あなたと直接話しをしたほうが早いから・・・直接やってくれないか?」と持ちかけられた時があります。
悩みましたね...中間マージンがなくなれば...売り上げは上がりますし...どうもクライアントさんと代理店担当者の方が相性が悪いらしく...確かにダイレクトに受注できれば...話は早い。
でもやっぱりそれは不義理に感じてお断りしました。
ただ...マネージメント(未だに私はこれが苦手です)がこれ結構大変な事なので...一長一短ってところですけど(^_^;)
  • 2011-01-29 09:42
  • brain
  • URL
  • 編集

[C33] No title

中間マージンがなくなるということは本来、双方にとっていいことなのですけど・・
私の場合もクライアントと代理店の担当者同士の相性がよくなかったみたいでした。
直接話をしていただくしかないですね。

私の場合もともと、制作に興味があるのでデザイナーの方といっしょにレイアウトや進行状況、工程を考えています。

エンドユーザーの支払い状況が厳しかったりすると間に代理店が入ってもらっていたほうが、いい時もあるので判断が難しいです。

[C34] No title

はじめまして、初コメ失礼いたします。

筋・・・縁・・・ビジネスと言うより生き方ですよね!
「信じる」と言う事は相手への期待ではなく「覚悟」だと感じました。

共感しましたのでコメントいたしました。
失礼しました。
  • 2011-01-31 14:56
  • URL
  • 編集

[C35]

kさま
コメントありがとうございます。
ここまで不景気だとその「覚悟」もゆらぎがちになりますがなんとか「ふんばり」をきかせていきたいです。
これからもよろしくお願いします。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

これまでのこと  その42  私の歩み

「義理と人情を秤にかけりゃ義理が重たい男の世界」とは高倉 健さんが歌っていた「唐獅子牡丹」の一節です。
義理とか人情というとその世界の方々のことだと思いがちですが、どの世界にも存在します。

任侠道。テレビのドラマでも草薙 剛さん主演で放映されました。

映画レッドクリフの題材「三国志」にでてくる「劉備」や「関羽」「張飛」「趙雲」が「侠」です。

侠とは漢(おとこ)の意味です。
仁義を重んじ困っている人がいれば、自分を犠牲にしてでもその人を助けることを旨とするのです。
よく言う「筋を通す」こともそうです。

印刷業界でも話を聞くことがありますし、私も何度か経験しました。

とくにエンドユーザー、代理店、印刷会社の三社の場合。
一番被害を受けやすいのが真ん中の代理店です。
エンドユーザー→印刷会社
印刷会社→エンドユーザーが成り立ってしまうからです。

付き合いが深ければそう簡単には成立しません。

私も間に代理店が入っていた時にエンドユーザーから直接仕事をたのまれたことがありました。
代理店からもお仕事をいただいていたのではっきりとお断りしました。
喉から手がでるほどお仕事は欲しかったのですが。

しかし、その後代理店が完全にそのエンドユーザーから撤退してしまったので、改めて声をかけていただきました。
ありがたくお仕事を受けさせていただきました。

私の場合通さなければならない「筋」があれば、その時はたとえ「おいしい」話でもお断りさせていただきます。
クライアントの担当者が「筋」を通す方であれば、その後「縁」は必ず紡がれます。
そんなことを言ってるからリストラされるんだと言われると思いますが、しかたありません。

「筋」を通し「縁」が紡がれ「実」となると信じています。
たとえ裏切られたとしても、今は「信じる」しかありません。










スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://skt55.blog136.fc2.com/tb.php/46-5f82d10c

トラックバック

コメント

[C32] No title

そういう事結構ありますよね...私はクリエーターですが...
私も私の上に代理店が入っている時が結構あるんです(いわゆる下請けです)
その時は、あくまでも代理店の一スタッフ何だという気持で仕事をやっていますが、たまにクライアントさんのほうから、「あなたと直接話しをしたほうが早いから・・・直接やってくれないか?」と持ちかけられた時があります。
悩みましたね...中間マージンがなくなれば...売り上げは上がりますし...どうもクライアントさんと代理店担当者の方が相性が悪いらしく...確かにダイレクトに受注できれば...話は早い。
でもやっぱりそれは不義理に感じてお断りしました。
ただ...マネージメント(未だに私はこれが苦手です)がこれ結構大変な事なので...一長一短ってところですけど(^_^;)
  • 2011-01-29 09:42
  • brain
  • URL
  • 編集

[C33] No title

中間マージンがなくなるということは本来、双方にとっていいことなのですけど・・
私の場合もクライアントと代理店の担当者同士の相性がよくなかったみたいでした。
直接話をしていただくしかないですね。

私の場合もともと、制作に興味があるのでデザイナーの方といっしょにレイアウトや進行状況、工程を考えています。

エンドユーザーの支払い状況が厳しかったりすると間に代理店が入ってもらっていたほうが、いい時もあるので判断が難しいです。

[C34] No title

はじめまして、初コメ失礼いたします。

筋・・・縁・・・ビジネスと言うより生き方ですよね!
「信じる」と言う事は相手への期待ではなく「覚悟」だと感じました。

共感しましたのでコメントいたしました。
失礼しました。
  • 2011-01-31 14:56
  • URL
  • 編集

[C35]

kさま
コメントありがとうございます。
ここまで不景気だとその「覚悟」もゆらぎがちになりますがなんとか「ふんばり」をきかせていきたいです。
これからもよろしくお願いします。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

お気に入り登録



AD

転職といえばDODA


Adsense

プロフィール

印刷マン55

Author:印刷マン55
年齢46歳 男

22年間勤めた会社を2010年7月にリストラ勧告され、12月に退社しました。
ホームページやメールでしか使わなかったパソコンでブログを書きはじめました。
回想からこれからの未来を書き綴ります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。